【追加公募】小さな飲食店には嬉しい返済不要の補助金

      2018/04/09



以前、下の記事で小規模事業者持続化補助金についてご案内しました。

参考:小さな飲食店には嬉しい返済不要の補助金の募集開始

この補助金の2次募集は終了していたのですが、追加公募が始まりました。

小規模事業者持続化補助金の概要

今回の小規模事業者持続化補助金の概要を記載します。

補助率:補助対象経費の3分の2以内

補助上限額
50万円
100万円(雇用増加、処遇改善、買い物弱者対策)
500万円(連携する小規模事業者数による)

補助対象者:製造業その他の業種に属する事業を主たる事業として営む会社及び個人事業主であって、常時使用する従業員の数が20人以下(卸売業、小売業、サービス業(宿泊業・娯楽業を除く)に属する事業を主たる事業として営む者については5人以下)の事業者であること

公募期間:受付開始:平成27年7月3日(金)
  
締切:平成27年7月31日(金)[当日消印有効]

補助対象者は、飲食業に限られず、他の業種でも応募可能です。

実際、1次公募、2次公募では士業の方なども採択されています。

また1次、2次の採択結果を見れば、どういう事業・アイディアが採択されているかわかるので参考になります。

受付終了しました。

ものづくり・商業・サービス革新補助金については以下のリンク先で確認できます

【補助金】飲食業の具体的な事例をご紹介します!



この記事が気に入ったら、シェアして頂けると嬉しいです!

Facebookの"イイネ!"をクリックすると、最新の更新情報が届きます!



資金調達のミカタへ

レコメンド

1
飲食店の経営力を向上させるための財務コンサルティング

飲食店のポジショニング・マップ このポジショニング・マップについて簡単に説明しま ...

2
【保存版】日本政策金融公庫の融資を99%通した単純な9つの秘訣!実際に1000万借入れたコツ

起業したり、新規事業を開始する場合には融資・借入を望む方も多いことでしょう。資金 ...

3
飲食店経営における管理会計とKPIのキホン

誤解の多いところですが、会計には3種類あります。 その3つの会計とは、財務会計、 ...

4
【管理会計】飲食店の価格戦略~値下げが販売量に与える影響は?

飲食業に限らず、どの業種でも商品や、サービスを「いくら」に設定するかは簡単なこと ...

5
【管理会計】撤退戦略として閉店すべき店舗の判断基準は?

上場企業以外のほとんどの企業は、主に税務会計ベースでF/S・決算書を作成している ...

 - 補助金・助成金, 資金繰り