【公式】飲食ドクター|飲食店経営に強い税理士事務所

飲食店に強い公認会計士・税理士がお店の経営をサポート&コンサルします。

 03-6855-5183

平日 10:00~18:00 土日祝 応相談

【まとめ】世界のワイン輸出・輸入量とかベストランキング

      2018/05/08



wineglass-553467_640

学生の頃って、それほどワインを飲みませんでしたね。飲むとしても、飲むと頭が痛くなるような安いワイン。

社会に出て月日が経過すると、少しづつワインを飲む量も増えてきて、味や香りも少しづつわかるようになった人も多いのではないでしょうか。

SNSなどを見ていても、ワイン系グループやファンページ、そのイベントなどをたくさん目にします。

そこで今回はワインに関連して、日本がフランスやイタリア、中国と比較してどれくらいワインを飲んでいるか、どれくらい輸出・輸入があるかなどについてランキング形式でお伝えします。

ランキングを見て思うのは、日本人ってフランスなどと比較すると、それほどワインを飲んでいないことです。


世界のワイン輸出・輸入量のまえに

世界のワインの輸入と輸出のランキングを見るまえに、国ごとのブドウの栽培面積などをみてみます。

vino01出所:国際ブドウ・ブドウ酒機構(OIV)統計資料2007年、以下同様

気になったところだけハイライトしてみましたが、フランスよりもイタリアの方がワインの生産量が多いです。

ちなみにフランスの国土面積はイタリアの約2倍にもかかわらず栽培面積はほぼ同じなので、イタリアのほうがブドウ畑が密集していると想像できます。

またフランス、イタリア、スペインだけで世界のワイン生産量の約半分を生産していて、フランス、イタリア、ドイツは生産したブドウのほとんどがワイン用ですが、中国はほとんどワインには回されないこともわかります。

スペインは、生産したブドウの一部をワインではなく、サングリアに回していると予想します。

purple-grapes-553462_640

世界のワイン輸出・輸入量ランキング

下の表がワインの輸出と輸入のランキングです。

vino02

国別1人あたりの年間ワイン消費量ランキング
vino03

これらの表を合わせて読むと、フランスの場合、自ら生産したワインを自ら消費しつつ、海外に輸出もし、他の国からもそれなりに輸入もしていて、1人あたりの消費も高い。フランス人は相当ワイン好きそうです。

イタリアの場合は、海外への輸出を目的としつつ、自らの消費にもあてていますが輸入はそれほどでもない。基本的には自己完結型だと思います。

イタリアは輸出ランキング1位ですが、日本の店頭に並んでいるのはほとんどがフランス産です。売り場面積もフランス産ワインの3分の1程度だと思います。

日本と中国は、一人あたりの消費量が少ないのでまだまだ狙える市場でエノテカや、やまや、カルディ、イオンリカーなどが賑わっている理由がわかります。日本のワイン市場にはチャンスがあるはず。

hanging-791157_640

日本の国別ワイン輸入量ランキング

せっかくなので、日本のワイン輸入量ランキングもアップします。

日本の国別ワイン輸入ランキング日本のワイン国別輸入量ランキング(出所:業種別審査事典、概況品別国別表)

これは平成21年のランキングですが、フランスとイタリアだけで全体の45%強。ただ平成27年ではチリとオーストラリアの輸入量が相当に伸びているはずです。

チリ産は安い割に意外に美味しいですね。

おまけ:主要都市別ワイン消費ランキング

これは総務省統計局が公表している家計調査で、ワインの主要都市別年間支出ランキング(2010~2012年平均、2人以上の世帯)です。

vino04

甲府と首都圏の人がワインを飲む理由はわかりますが、仙台がランクインしているのが意外ですね。

また大阪や兵庫など、関西圏がランクインしていないのも意外です。

おまけ:100世帯あたり月別購入頻度

100世帯あたりのワイン月別購入頻度の推移です。
vino05

11月はボージョレ―の解禁による購入頻度増加、12月はクリスマスや忘年会などによる影響のはず。

3つのキーワードで判断する初心者のためのワインの選び方と飲み方

まとめ

フランスよりもイタリアの方が、ブドウ畑が密集している。

日本のお酒売り場では圧倒的にフランス産のワインの方が多いけれど、イタリアの方が輸出は多い。

ワイン生産量の少ないドイツやイギリスは、案の上、輸入ランキングで上位にランクされる。

フランスの1人あたりワイン消費量は、日本の25倍。今後日本の1人あたり消費量はもっと上がる余地があるはず。

合わせて読みたいお勧め記事

【保存版】遂にフランス陥落!日本の国別ワイン輸入量ランキング

この記事が気に入ったら、シェアして頂けると嬉しいです!

Facebookの"イイネ!"をクリックすると、最新の更新情報が届きます!



レコメンド

1
飲食店の経営力を向上させるための財務コンサルティング

飲食店のポジショニング・マップ このポジショニング・マップについて簡単に説明しま ...

2
【保存版】日本政策金融公庫の融資を100%通した単純な9つの秘訣!実際に1000万借入れたコツ

起業したり、新規事業を開始する場合には融資・借入を望む方も多いことでしょう。資金 ...

3
飲食店経営における管理会計とKPIのキホン

誤解の多いところですが、会計には3種類あります。 その3つの会計とは、財務会計、 ...

4
【管理会計】飲食店の価格戦略~値下げが販売量に与える影響は?

飲食業に限らず、どの業種でも商品や、サービスを「いくら」に設定するかは簡単なこと ...

5
【管理会計】撤退戦略として閉店すべき店舗の判断基準は?

上場企業以外のほとんどの企業は、主に税務会計ベースでF/S・決算書を作成している ...

 - イタリアン, フレンチ, ランキング, ワイン