飲食店の開業前に知っておきたい多額な固定費が導く不安

      2018/05/12



man-114437_640

飲食業やIT業を問わず、開業・起業する際には必ず固定費の存在が頭の中にあるはずです。

経営が軌道に乗る前は、出来るだけ固定費の負担を少なくしたいというのが経営者の本音だと思います。

そこで今回は、固定費に焦点をあて、収益と固定費、利益の関係について図を利用して説明します。多額な固定費はお店の経営を不安定にすることを見える化してみます。

これを読めば、固定費が大きければ利益のボラティリティも増え、経営も安定しないうことが一目瞭然です。

飲食店経営を不安定にさせる多額な固定費

既にご存じだと思いますが、念のため、固定費と変動費について簡単に説明すると、固定費とは家賃や人件費などの売上の有無・大小にかかわらず一定的に発生するコストで、変動費とは食材などのように売上に比例して発生するコストです。

これは、経営者の方であれば誰でもご存じだと思います。

そして売上の増減に対して、この固定費の大小が影響し、利益の振れ幅(増減率)にもインパクトを与えます。

具体的には、売上が減少したときに固定費が多額であれば、利益の減少幅(減少率)は大きくなります。

このことを下の図で説明してみます。

固定費が多額であれば、利益の振れ幅も大きくなる

固定費が多額であれば利益の振れ幅も大きくなり、結果として飲食店の経営は不安定になります。

このことを具体的に説明します。

ケースAの固定費は150、ケースBの固定費は75となっており、ケースAはケースBの固定費の2倍です。なお変動費は売上高の10%とします。

この場合、図1では営業利益がケースAは30、ケースBでは105となります。

koteihi01

1年後ライバル店の出店によって、売上高が10%減少したとします。

koteihi02

この場合、営業利益はケースAでは12、ケースBでは87となります。

営業利益の減少幅を見てみると、売上高が10%減少する場合、固定費の多いケースAでは営業利益が▲60%と大きく減少し、固定費が少ないケースBでは▲17%の減少に留まります。

売上が減少した場合、固定費が多いケースAの方が、利益の減少率が高くなります。

このことからもわかるように、売上が減少したときに固定費が多額であれば、利益の減少幅(減少率)も大きくなります。

利益の減少幅が大きいということは、経営が安定しないということを意味しています。

経営を安定させたいならば、ムダな固定費は極力カットすべきです。

ドンブリ勘定だと、いつ転んでもおかしくありません。

まとめ

固定費が多額の場合、利益の振れ幅は大きくなり、飲食店経営は安定しなくなる。

経営を安定させるためには、極力固定費は抑えるべき。



この記事が気に入ったら、シェアして頂けると嬉しいです!

Facebookの"イイネ!"をクリックすると、最新の更新情報が届きます!



資金調達のミカタへ

レコメンド

1
飲食店の経営力を向上させるための財務コンサルティング

飲食店のポジショニング・マップ このポジショニング・マップについて簡単に説明しま ...

2
【保存版】日本政策金融公庫の融資を99%通した単純な9つの秘訣!実際に1000万借入れたコツ

起業したり、新規事業を開始する場合には融資・借入を望む方も多いことでしょう。資金 ...

3
飲食店経営における管理会計とKPIのキホン

誤解の多いところですが、会計には3種類あります。 その3つの会計とは、財務会計、 ...

4
【管理会計】飲食店の価格戦略~値下げが販売量に与える影響は?

飲食業に限らず、どの業種でも商品や、サービスを「いくら」に設定するかは簡単なこと ...

5
【管理会計】撤退戦略として閉店すべき店舗の判断基準は?

上場企業以外のほとんどの企業は、主に税務会計ベースでF/S・決算書を作成している ...

 - 管理会計, 経営管理, 開業・起業, 飲食店経営