日本酒の輸出ランキング!1位はやっぱりあの酒造メーカー!!

      2018/02/09



日本酒の輸出量とか、どこの国にたくさん日本酒を輸出しているかとか、たくさん輸出しているメーカーなどについてリサーチしてみました。

話は変わりますが、日本酒の香りって本当に良いと思います。ワインの香りもステキですが、日本酒の香りも素晴らしい。もちろん、ワインも日本酒もピンキリですが、良いものはイイ。

ワイン好きな国は、日本酒もイケると思います。

話を基に戻しますが、まずは日本酒の輸出の推移などを図表にしてみました。

日本酒の輸出推移と日本国内の課税数量

※ このデータは酒類食品統計月報2017年4月号を基に作成してます(以下、同)。

日本酒の輸出量の推移は、図表を見れば一目瞭然。順調に伸びてます。国内の日本酒の課税数量はやや低減傾向。

最近は、国内で日本酒が盛り上がっているような印象を受けますが、全体としては縮小傾向でした。

日本酒の輸出は順調に伸びていて、10年前の約2倍になっています。

日本酒の輸出が伸びている理由の1つは、海外で日本食レストランが増加していることが挙げられます。

2017年の海外における日本食レストランは、2015年の約8.9万店から3割増の約11.8万店。
【約2.4万店(2006年)→約5.5万店(2013年)→約8.9万店(2015年)→約11.8万店(2017年)】

(農林水産省推計)

日本酒の国別輸出先、メーカー別輸出ランキング

上で見たように、日本酒の輸出量は拡大しているわけなんですが、どこの国にたくさん輸出しているのか、国内メーカーのうちどのメーカーの輸出が多いのかについて図にしました。

※ 輸出数量の単位は㎘

2016年日本酒の国別輸出先ランキング

輸出先で1番多いのはアメリカ。因みに北米にある日本食レストランは25,300店。続いて輸出先として多い国はアジア勢。

香港は、アルコール度数が30%未満だと非課税みたいです。

続いてメーカー別のランキング(輸出数量+現地生産数量)

2016年メーカー別ランキング(輸出+海外生産)

2016年メーカー別日本酒の輸出ランキング

純粋に「輸出数量」だけを見ると白鶴酒造が1位なんですが、宝酒造は米国、中国で海外生産していて、その海外生産量と輸出量を合わせたランキングでは1位で、その海外生産量は8,480㎘。

日本酒の輸出量だけのランキングをみると、獺祭で有名な旭酒造が10位にランキングしています。
それにしても兵庫県と京都の酒造だけでTOP10のうち、8社が上位に食い込んでいます。

因みに、リンク先の記事に記載していますが、ワイン輸出大国のイタリアは年間1,851千㎘輸出しているので、日本酒の輸出数量とはまだまだ差があります(単純にワインと日本酒の輸出量は比較できないけれど)。

【まとめ】世界のワイン輸出・輸入量とかベストランキング

これまでなぜ日本酒の輸出量が少なかったというと、日本酒の認知度が低いかったということ、なぜ認知度が低かったかと言えばプロモーションに力を入れてこなかったということでしょう。業界全体としても、マーケティング的な視点は欠けていたということだと思います(最近は力を入れているようです)。

ただ、ワインに勝るとも劣らない日本酒の潜在的なポテンシャルを考えれば、日本酒はもっともっとイケると思うし、ポスト白ワインを目指して欲しいところです。

この記事が気に入ったら、シェアして頂けると嬉しいです!

Facebookの"イイネ!"をクリックすると、最新の更新情報が届きます!



レコメンド

1
飲食店の経営力を向上させるための財務コンサルティング

飲食店のポジショニング・マップ このポジショニング・マップについて簡単に説明しま ...

2
飲食店経営における管理会計とKPIのキホン

誤解の多いところですが、会計には3種類あります。 その3つの会計とは、財務会計、 ...

3
【保存版】無担保・無保証で借入する!その制度融資とは?(利用者の声あり)

起業や開業をするとき、または既に会社を設立している経営者が新規事業を開始するとき ...

 - インバウンド, ランキング, 店舗数・市場規模, 飲食業界レビュー