【レビュー】ワイン好きに意外にお勧めAmazonソムリエ

   



winery-782704_640

あのAmazonが、Amazonソムリエというサービスを開始したようなので、実際に利用してみた。

そのレビュー記事です。


実際に使ったAmazonソムリエとは?

このAmazonソムリエは、アマゾン専属のソムリエが電話でお勧めワインを教えてくれて、その後、アマゾンでワインを買うというサービスです。

Amazonソムリエの使い方vino20160217_01

まず、次の画面でお客様の電話番号を入力していただくと、お客様のお電話がなります、をクリック

すると次の画面になります。

vino20160217_02

そして電話番号を入力しプルダウンメニューで、今すぐor5分以内を選択し、呼び出すをクリック。

今回は、今すぐを選択

今すぐを入力すると、本当にすぐに電話がなります。

ただ、このAmazonソムリエを利用するときは次の2つ注意点があります。
※対応時間は月-金12:00~17:00 祝祭日除く
※Amazon FB Japanが販売・発送する商品に限定

そしてAmazonソムリエから電話がきた

ソムリエから電話が来るので、ワインの希望とかイメージを伝えます。今回は、次のようなリクエストを伝えました。

自分:「イタリアワインのフルボディ、ブドウの品種はカベルネソーヴェニオンまたはネッビオーロ希望、しかも値段はあんまり高くないワイン」

と希望を伝える。

ソムリエ:「ネッビオーロは・・・・中略・・・・、カベルネは・・・・・中略・・・・・」

と丁寧にブドウや、価格帯について説明して頂いた。ソムリエなので、ワインについての質問などはすべて教えて頂けると思います。

電話の後にお勧めワインのリストメールが届く

電話でもワインについていろいろと教えてくれるのだが、電話でワインをオーダーするのではなくて、電話を切ったあとに、お勧めワインのURLと簡単な説明がついたメールがAmazonから届きます。

今回は4つほどお勧めワインのご提案を頂きました。その1つを引用します。

イタリアはカベルネ・ソーヴィニヨン種単体よりも、数種類の黒ブドウをブレンドして重めのワインを作ることが多く、その中からお客様のお好みに近いものをご紹介致します。
・商品名:イル・カソーネ メルロー ラボーゾ 750ml
・説明:メルロー種と ラボーゾ種のブレンドによる、程よいスパイシーさとバランスの良いタンニンの赤ワインです。
・URL:http://www.amazon.co.jp/gp/product/B00YDZYKP4

このワインの他にもバローロなどのお勧めもあったけれど、ソムリエを利用して今さらバローロをオーダーするのもアレなので、今回はせっかく勧めて頂いたイル・カソーネ メルロー ラボーゾを注文することに。

リクエストはカベルネやネッビオーロだったけれども、結局、カベルネでもネッビオーロでもないワインを注文。

せっかくソムリエが勧めてくれたので、そちらのワインを注文しました。

実際の注文の仕方は、アマゾンで本を買うときと同じように、カートに入れて注文手続きをします。

送料は無料だが・・・

今回オーダーしたのは、ソムリエが勧めてくれたイル・カソーネでAmazonでの販売価格¥1,404

他のネットショップで同じ商品を買うと¥1,080

Amazonは送料無料と謳いつつ、きっちりと送料分が商品価格に乗っかってるようですw

ただ商品価格+送料のトータルコストでは、若干Amazonの方が安い。

実際に購入したワインが届く

IMG_0773

こんな感じでオーダーしたワインが届きます。

IMG_0774

包装はこんな感じ。

IMG_0804

そしてテイスティング。

アタックはサラリとしてやや軽くて、飲みやすい。色は綺麗なルビー色。

フルボディを期待していたけれど、全然フルボディではなかった。ただ価格が1,000円強なので、この価格でフルボディを期待するのは間違いかもしれない。1,000円強でこの味ならば、悪くない。

Amazonソムリエのメリット

やはりAmazonソムリエのメリットは、自分では(情報不足で)絶対に選ばないワインを知識豊富なソムリエが教えてくれるていう点にあると思います。しかもお値段以上のパフォーマンス。

今回買ったワインも、自分のワイン知識だけであれば、絶対に買っていなかったと思う。

だいたい自分で購入するときは、ほとんど買うワインが決まってしまってるんですよね。例えば、このカブルニオとか。

ワインショップでポップの説明を信じ切って買ったことはあるけれど、ポップで表現された味がするワインには会ったことはない。ポップだけを見て買うと、失敗が多い。

Amazonソムリエの活用シーンとしては、普段とは別のワインを飲みたいとき、しかもワイン選びで失敗したくないときがピッタリなのではないかと思います。

気分転換に利用したり、ホームパーティー用とか。

今回買ったワインはお値段以上の味で、しかも自分では絶対に選ばないワインをソムリエが勧めてくれました。

この記事が気に入ったら、シェアして頂けると嬉しいです!

Facebookの"イイネ!"をクリックすると、最新の更新情報が届きます!



レコメンド

1
【保存版】無担保・無保証で借入する!その制度融資とは?(利用者の声あり)

起業や開業をするとき、または既に会社を設立している経営者が新規事業を開始するとき ...

2
飲食店経営における管理会計とKPIのキホン

誤解の多いところですが、会計には3種類あります。 その3つの会計とは、財務会計、 ...

3
2018年2月21日共同セミナー開催のお知らせ

 - イタリアン, フレンチ, ワイン