レモンチェッロの原価率を現地価格で考えたら?

      2016/04/03



IMG_0254@Amalfi

以前、某テレビ局がイタリアのアマルフィを舞台にした映画を製作しました。

そもそもアマルフィは交通の便が良いとは言えなくて、またアクセスしづらいこともあって、その映画上映前はそれほど日本人観光客が多いとは言えなかったと思いますが、上映後は確実に日本人観光客が増えたように感じます。

アマルフィに陸路でアクセスする場合は、ソレントまたはサレルノからバスでアクセスすることになりますが、クネクネした道を行くので車酔いする方は要注意。

日本ではアマルフィの方が有名ですが、どちらかというとアマルフィのすぐ近くにあるポジターノの方が絶対にお勧めです。

CIMG0176@Positano

南イタリアを旅行する場合、ナポリやカプリ島の青の洞窟、遺跡で有名なポンペイ、カゼルタ宮殿などが定番中の定番ですが、ポジターノやアマルフィにも是非、足を伸ばしたい。

561976_429245447137052_838037784_n@Positano

で、南イタリアで有名なのはレモン、それを使ったレモンチェッロですが、レモンチェッロの原価率を現地価格で概算してみたら、こんな値になりました。

レモンチェッロの原価率は?

イタリアンを食べに行くと、食後にレモンチェッロをオーダーする方も多いです。クラッシュアイスを入れて飲むと、さらに美味しさが倍増するわけですが、アルコール度は結構、高め。約30度。

1杯飲むだけでも、良い感じになる。

5450343939_038136c129_zPhot credit:Tim Crook

さてレモンチェッロですが、日本でも販売されているようなレモンチェッロは、現地でボトル1本(700CC)、通常6ユーロです。

飲むときは、ご存じの方も多いはずですが、ワイングラスではなく、ちょっと小さめのグラスで飲みますね。

ざっくりレモンチェッロの原価率を計算してみる

現地のお土産屋さんでは、レモンチェッロ向けの小さなグラスが売られていますが、これを使って飲むとします。グラスの容量は60cc程度。レストランでオーダーしても、だいたい60cc程度のはず。

13426898945_f7486d1e35_zPhot credit:kerry L

レモンチェッロのボトル1本は700ccなので、約11.5杯飲むことができます(700cc÷60cc)。

おそらくお店でレモンチェッロを提供するときは、1杯800~900円なので、その間をとって値段を1杯850円とすると、ボトル1本分販売したときの売価は9,775円(850円×11.5杯)。

ボトル1本が6ユーロで、1ユーロ≒130円なので、円換算すると780円。

これを前提に考えれば、現地価格で考えた場合のレモンチェッロ1杯の原価率を概算すると

8%≒780円÷9,775円

現地価格ベースで計算してみた場合、日本の店舗でレモンチェッロを提供するときの概算原価率は、約8%

まとめ

現地価格を基にレモンチェッロの原価率を考えると、約8%になる。

原価率について、もう少し知りたい方のために原価率に関する記事を一覧にしました。

参考:【まとめ】原価率に関する記事を一覧にしてまとめました。

この記事が気に入ったら、シェアして頂けると嬉しいです!

Facebookの"イイネ!"をクリックすると、最新の更新情報が届きます!



レコメンド

1
【保存版】無担保・無保証で借入する!その制度融資とは?(利用者の声あり)

起業や開業をするとき、または既に会社を設立している経営者が新規事業を開始するとき ...

2
月刊誌【飲食店経営】11月号の特別企画に掲載されました。

飲食店経営2016年11月号の特別企画で、私の事務所で執筆したマイナンバー実務に ...

3
飲食店経営における管理会計とKPIのキホン

誤解の多いところですが、会計には3種類あります。 その3つの会計とは、財務会計、 ...

 - イタリアン, 管理会計, 経営管理, 飲食店経営, 飲食系の会計・税務