【まとめ】飲食店の原価率に関する記事を一覧にしてまとめました。

      2016/10/27



board-1521348_1280

スターバックスの原価率をご存じでしょうか?

スターバックスの原価率は30%未満です。

これは原価率が低いというよりも、付加価値が高いと見るべきだと思います。

さて今回は、これまでこのblogを中心に原価率の記事を投稿してきたので、原価率に関する記事を一覧にしてまとめました。

原価率のおさらいです。

原価の管理は経営に必須

原価や原価率の管理というものは、なにも飲食店だけに限られません。自動車メーカーや大手家電メーカーでもきっちりと管理しています。

特に、メーカーなど大企業にもなると相当な金額を投資して原価を管理するためのシステムを導入しています。

それだけ、経営管理の肝でもあるということです。

さて話を戻して、これまでに投稿した原価率の記事をまとめてみます。

飲食店の原価率は30%のウソ

このBlogではなく、他のドメインで運営しているBlogの記事になりますが、かなりの人気記事です。

実在する店舗を取り上げて、各商品の原価率などの紹介もしています。未読の方は、是非、ご覧ください。

参照:飲食店の原価率は30%のウソ

儲けたければ飲食店の原価率は40%にするな!

日経BP社が出版している書籍に、“儲けたければ原価率は40%にしなさい!”という書籍があるのですが、この本のタイトルに便乗させて頂きました。

この記事のなかでは、TSR中小企業経営指標のなかに記載されている中小企業の原価率をご紹介しています。

参照:儲けたければ飲食店の原価率は40%にするな!

繁盛飲食店のTV放送でカットされた原価率のを公開するよ!!

愛知の人気寿司屋にぎり鮨15○ががっちりマンデーで放送された際に、編集で大幅にカットされ放送されなかった原価率の秘密と儲けの秘訣を同店の専務より教えて頂き記事にまとめました。

繁盛してる飲食店の原価率と儲けの秘訣の初公開です!

参照:繁盛飲食店のTV放送でカットされた原価率のを公開するよ!!

呪縛された飲食店の原価率を解く

あっさりしたビジネス書では、飲食店の原価率=食材÷売上高 という記載をたくさん目にしますが、この点について考えてみました。

飲食業を生業とする上場企業のなかには、原価率を食材÷売上高と考えるのではなく、その他経費も原価とし、しかも内訳を開示している会社もあります。

その点についても、ちょっとだけ記載しています。

参照:呪縛された飲食店の原価率を解く

もう1度、やさしく原価率のお話をしよう。

原価率のキホンについて、とてもシンプルな例を基に、解説してみました。管理会計や原価計算を習ったことがなくても、容易に理解できるのではないかと思います。

管理会計などについて明るくない方は、まずはこちらの記事をお勧めします。

参照:もう1度、やさしく原価率のお話をしよう。

もう少し詳しく原価率のお話をしよう。

“もう1度やさしく原価率のお話をしよう。”よりも、もう少しだけ詳しく原価の計算の仕方について説明しました。

管理会計や原価計算の授業や講義で教えてくれるような内容に近づけて説明しています。ただ理解しやすいようにするために、シンプルな具体例で説明しています。

参照:もう少し、詳しく原価率のお話をしよう。

あの人気飲食店の人件費率と原価率、FLコストはどれくらいか?

原価率に加えて、スタバや塚田農場、日高屋などの有名企業の実際の人件費率やFLコスト率、おまけに平均給与までもリサーチしました。

この有名企業のデータに興味のある方は多いのではないでしょうか。

参照:あの人気飲食店の人件費率と原価率、FLコストはどれくらいか?

レモンチェッロの原価率を現地価格で考えたら?

ワインなど、同じお酒でも現地の販売価格と日本の販売価格は、当然、違います。それもそも現地の販売価格がいくらなのかわからないお酒もあります。

そこでレモンチェッロを例に、現地価格を基に計算した場合の原価率を概算してみました。

レモンチェッロの現地販売価格は、日本の3分の1程度です。

参照:レモンチェッロの原価率を現地価格で考えたら?

【在庫管理】飲食店経営者のためのエクセル・データ分析

原価率には、当然、在庫管理の仕方についても関わってきますのが、エクセルによる単回帰分析を利用した超キホン事例について簡単に説明しました。

参照:【在庫管理】飲食店経営者のためのエクセル・データ分析

居酒屋が絶対に損しない“飲み放題”の仕組み

飲み放題では、みんなたくさん飲むので、飲食店では原価割れしているのではないかと考える人がたくさんいるかもしれませんが、実際はどうなのか?

居酒屋が提供している飲み放題について、原価の視点と価格の視点で考えてみました。

参照:【社外密】居酒屋が絶対に損しない“飲み放題”のカラクリ

飲食店向けに、居酒屋やラーメン、専門料理店、焼肉など業態別の原価率・人件費率一覧表を無料で提供しています。詳しくは、下記リンク先をご覧ください。

原価率一覧表を無料で提供

この記事が気に入ったら、シェアして頂けると嬉しいです!

Facebookの"イイネ!"をクリックすると、最新の更新情報が届きます!



レコメンド

1
【保存版】無担保・無保証で借入する!その制度融資とは?(利用者の声あり)

起業や開業をするとき、または既に会社を設立している経営者が新規事業を開始するとき ...

2
月刊誌【飲食店経営】11月号の特別企画に掲載されました。

飲食店経営2016年11月号の特別企画で、私の事務所で執筆したマイナンバー実務に ...

3
飲食店経営における管理会計とKPIのキホン

誤解の多いところですが、会計には3種類あります。 その3つの会計とは、財務会計、 ...

 - 管理会計, 経営管理, 飲食店経営, 飲食系の会計・税務