もう少しだけ詳しく原価率のお話をしよう。

      2016/03/26



board-935455_640

工業簿記と原価計算という2つの原価の計算方法があります。

両者とも原価を計算する点で共通していますが、原価計算の方がより精密に原価を計算するのに対して、工業簿記はザックリと原価を計算します。

この点に関しては、日商簿記を受験したことのある方はご存じだと思います。

さて前回、原価計算について次の記事を投稿しました。

参考:もう一度、やさしく原価率のお話をしよう。

この記事で、とても優しく原価の計算について説明しました。

そこで今回は、もう少しだけ詳しく原価について説明したいと思います。

※ 前回の記事を読んでいない方は、この記事でキホンを確認することをお勧めします。約1分程度で読めると思います。

まずは仕掛品に原価を集計する

前回に引き続き、今回もレクサスを例にお話します。

※ 前回同様、シンプルな例にするために間接費は無視します。

右図の仕掛品というのは、製作中の製品という意味です。

costt

まず材料費というものは、通常、在庫があります。期首の在庫材料に当期仕入れた材料を加え、期末に残った材料(使用しなかった材料)を控除すれば、当期に消費した材料が把握できます。

上の図によれば、当期に消費した材料は6,000です。この6,000はレクサスの生産に投入されています。

人件費と経費については、基本的には、当期に発生した金額が、レクサスの生産にかかわったと考えて良いでしょう。当期は、人件費5,000、経費4,000がレクサスの生産過程で発生したとします。

未だ完成していない、生産途中のレクサスにも(仕掛品)にも期首の在庫と期末の在庫があります。

期首の仕掛品に当期発生した材料費6,000、人件費5,000、経費4,000を加え、期末の仕掛品を控除すれば、当期に完成したレクサスの原価を把握することができます。

当期に完成したレクサスの原価は12,000になります。

製品に原価を集計する

生産途中のレクサスの仕掛品に期首と期末の在庫があったように、既に完成しているレクサスにも期首と期末の在庫があります。

既に完成している期首のレクサス在庫に当期完成したレクサスの原価12,000を加え、期末に売れ残っている在庫を控除すれば、当期に売れたレクサスの売上原価を把握することができます(下図参照)。

これによれば売上原価は8,000になります。

costtt

そして、これを売価12,500で販売すれば、原価率は64%になります。

8,000÷12,500=64%

costt01

これが原価率を計算する際の、基本的な流れです。このようにボックスを使うと原価の流れがわかりやすいですね。

ちなみにボックスの右半分の金額合計と左半分金額合計は一致することも、合わせて確認してください(材料、人件費、経費、仕掛品など)。

原価率について、もう少し知りたい方のために原価率に関する記事を一覧にしました。

参考:【まとめ】原価率に関する記事を一覧にしてまとめました。

この記事が気に入ったら、シェアして頂けると嬉しいです!

Facebookの"イイネ!"をクリックすると、最新の更新情報が届きます!



レコメンド

1
【保存版】無担保・無保証で借入する!その制度融資とは?(利用者の声あり)

起業や開業をするとき、または既に会社を設立している経営者が新規事業を開始するとき ...

2
飲食店経営における管理会計とKPIのキホン

誤解の多いところですが、会計には3種類あります。 その3つの会計とは、財務会計、 ...

3
2018年2月21日共同セミナー開催のお知らせ

 - 管理会計, 経営管理, 飲食系の会計・税務