【非公式食べログ】予約しないで伺った俺のイタリアン潜入レポート

      2016/11/10



今日は、ビジネスランチのため、予約しないで俺のイタリアン@赤坂に行ってきました。

俺のイタリアンと言えば、俺の株式会社が事業展開している店舗で、最近注目を集める飲食店の1つです。

予約しないで、俺のイタリアンへ

店舗に到着したのは、お昼の12:30分くらいでしたが、さすがに平日のランチタイムということもあって店内はほぼ満席状態。完全に満席ではなかったため、すんなりと案内されました。

俺のイタリアン、店内の間取り

既に知れ渡っていることですが、俺のイタリアンは、スタンディング形式で、客席の回転数を上げて利益を出すことが基本コンセプトになっているため、厨房を除いたフロアの3分の2に立食式のテーブルが配置されています。席のあるテーブルは3分の1だけです。

俺のイタリアン01

赤坂店に伺ったのですが、ビジネス街ということもあって13時過ぎには立食式のテーブル客はほとんどいなくなり、席のあるテーブルだけが埋まっているという状態です。

俺のイタリアンの料理

IMG_0030

俺のイタリアンはCPが高いことで有名ですが、その噂通り、確かにCPは高いです。

パスタセット食べましたが、980円でパスタ、ドリンク、バケット付

IMG_0035

料理単品の価格を見ても、周辺の相場よりも安いうえに、パスタのポーションは他のお店の1.5~2倍あるのではないかと思います。因みに俺のイタリアンの原価は、下の本の中の“あの注目企業の知恵を絞った稼ぎ方”の章でも記載しましたが、60%と言われています。

料理の味については、コメントを控えます。

IMG_0032

あくまでも一般論ですが、店舗数が増えると、クオリティーコントロール(QC)が難しくなるため、料理の味は落ちる傾向にあります。

余談ですが、東京の中でも(個人的に)ベスト3に入る味噌ラーメン屋があります。そのお店の本店は行列が出来るほどの賑わいですが、他のエリアの店舗は閑古鳥が鳴いています。理由は、同じ看板であるにもかかわらず、本店と支店で味が違うからだと思います。実際に、2つのお店では味が違います。

ラーメン店のオーナーもそのことに気づいたからか、お客の声が直接オーナーに届くように、直通の連絡先を店内に掲示していました。

俺のイタリアン、大きな2つの課題

下は、俺のイタリアンのビジネスモデルの骨子です。

ミシュラン星付き級の料理人が腕をふるい、高級店の3分の1の価格で提供すること。フード原価率60%超えでも、顧客を1日3回転以上させることで繁盛店の利益を実現すること。

上にあるように俺のイタリアンでは、実際に星は獲っていない、星付き「級」の料理人が腕を振るいます。星付き級の料理人を採れない場合、店舗数を増やせなくなるので自ずと会社の売上に限界が見えてきます。

これに対する対策として、現時点では、イタリアン以外におでんや焼き鳥、割烹など横に展開して人材を確保しています。

実際に星は獲っていない、星付き「級」の料理人をたくさん採った場合でも、そのトレード・オフとして、料理の味が落ちる可能性あります。一流の料理人はそれほど多くはいないはずです。この場合、QCをどうするかが2つ目の課題になります。

この2つの課題は既に経営者の頭の中にあるはずです。

今回は俺のイタリアン赤坂店でしたが、機会があれば他の店舗に潜入します。

この記事が気に入ったら、シェアして頂けると嬉しいです!

Facebookの"イイネ!"をクリックすると、最新の更新情報が届きます!



レコメンド

1
【保存版】無担保・無保証で借入する!その制度融資とは?(利用者の声あり)

起業や開業をするとき、または既に会社を設立している経営者が新規事業を開始するとき ...

2
飲食店経営における管理会計とKPIのキホン

誤解の多いところですが、会計には3種類あります。 その3つの会計とは、財務会計、 ...

3
2018年2月21日共同セミナー開催のお知らせ

 - イタリアン, フレンチ, 潜入レポート